第四者視点

音楽にちょっと煩いキモータがあれこれと

珍しく歌にハマりました

 って話を幾つか前のブログの端書きに書きましたね。ええ、最近藍月なくるさんの歌の方に完全にハマったんですよ。って話の前に見上げてIFの感想を上げたかったんですけど、書きたいこと多すぎて保留という感じです。

 

 ということで話を戻します。そもそも、今まで演技の方(音声作品とか)のなくるさんは結構好きでしたが歌の方はあんまり… といった感じでした。というのも、なくるさんの歌い方というか歌声に結構抵抗があったんですよね。凄く抽象的な喩えですがふわふわキラキラコテコテな曲は正直苦手ですw いや、全く聴かないというわけではないですけど、専らカラオケのレパートリーを増やす為くらいでしか聴きません(きらら系とか)。完全にネタですねw

 で、また話が逸れましたが、なくるさんの歌ってほぼそっち系の曲の印象だったんですよね。ところが友人にCountdownと深層回廊と生命の灯火を聴かされて、完全にハマりましたね。いやマジ格好良い、完全にギャップ萌え状態。んでそれから逆に今までの自分の印象に沿った曲を聴いてもう一度ギャップ萌え。完全に掌の上。気付いたらアルバム幾つかポチってしまいました。

 

 あと自分があまり歌を聴かない理由の1つはすぐに飽きてしまうってのが割と大きいです。でもなくるさんの歌のテイストが結構豊富なのであまり飽きないんですよね(ちょっと表現悪いですが)。このフリーダムさも商業じゃない同人活動の強みですね。

 

 てことで藍月なくるさんの歌は、格好いいのも可愛いのも切ないのもダークなのも色々あるので、何か好きなのを1つ探してみては、という話でした(そこまで追究してないですね)。再販待ちのが幾つかあるので早くしてくれ~って感じですw

 これだけだと割と記事の内容が不完全燃焼というか曲の内容についてほぼ触れてないので、また続きみたいな記事を多分上げます。まぁこのブログ主で珍しいことが起こりましたよという話でした。ではでは