第四者視点

音楽にちょっと煩いキモータがあれこれと

ケモノ娘の育て方良作でした

 ということで前の記事で言ってた通り感想でも。絵は前作の枯れ花もあり期待通りのクオリティ、BGMはまぁ… って感じなのは以前にも触れた通り。今回はシナリオや各キャラについて色々と。

 先ず設定に関しては謎の死(?)を遂げていたりする大人数名を除きまぁ普通と言える範囲の話。というかそれこそ前作の枯れ花の人物設定が謎過ぎたから、全然気にならないといったところですw ロープラでは普通(なのかどうかはプレイ本数が少ないので何とも)の最初からほぼ√が一本筋で確定している滑り出しですね。
 最初はこのメインの1人の佳菜が素直にウザいと思いましたが、いろはを拾ってからは見直したって感じです。雰囲気のせいかそんなに重くはないけど、主人公に一途過ぎてそれなりにはヤバい奴ですねw いろははコンセプト的に兎に角良い娘扱いやすい娘で特に何とも… といった感じ。
 いやそんなのより。千尋よ。小番千尋が可愛すぎる。150点。髪は真っ黒ではないですけどまぁそんなのただの誤差ですよ。あの容姿に丁度良い案配のツンデレというよりはクーデレな性格。フルプラのぼったくりで良いから千尋√追加したのを出してくれというくらい。兎に角千尋が如何に出てくるかどうかのゲームでしたわこれは。
f:id:flrh27:20181111183345p:plain
 あと他に妹も居たりしたんですけど、この妹についてはイマイチ存在意義が感じられなかったというか。神様の容れ物で終わってしまった感が些か残ります。もう少し活躍して欲しかったかな。保険の先生はただのサイコパス老害です嘘です。

 で、内容ですがやはりロープラだから物足りなさはありますね。でもこの尺でそれなりに涙腺が緩むくらいには良い思いました。終盤の千尋の一言と演出がもう。やっぱり千尋ゲーですわこりゃ。でもまぁ人の心の難しさと多様性を色んな角度で切り出してるなと思いました。あと千尋といろはの微百合。

 もう千尋が可愛すぎて、良いシナリオの筈なのに完全にそっちのけで、千尋ブヒブヒなただの萌えゲーと化してました。南無。もう少しマトモなのにすれば良かったかこれから校正するかうーん。取り敢えず自分の眼からはこんなところですwww ではでは