第四者視点

音楽にちょっと煩いキモータがあれこれと

明けましておめでとうございます

 おせぇよ() ということで新年最初の記事は、何かこのまま書き始めるとクソ嫌味ったらしい文にしかならなさそうなので、自重し気味に行こうかと。それと昨日誕生日を迎えました。

 で何を話すかって、よく言われる自分が別に大したことと思っていなくても出来る事は、往々にして他人からしてみると凄い、羨ましいことであるという話から。でも他人に言われてて分かっていても、なかなか素直になれなかったりしますよね。自分で書いてて悲しいので以下括弧に纏める部分は読み飛ばし推奨w (小さい頃から何かちょっと噛れば人並み以上にそれなりにイキれたから、逆に詰まらなくなって何もしたくなくなったり。上を見上げ続ける勇気も残念ながら持ち合わせていなかったから結局大体が中途半端)
 ということで、やっても簡単にはイキれないことをやってみたくはなるんですよ。でもそれって大体向いてない分野だったりで結局あまり良い方には進まないってのもよくある話。自分とかとことん捻くれてるから、それでも簡単(得意)に出来るものより惹かれたりしますけどね… で、今も音楽が続いてるのは、上をある程度見据えてしまったからというのは大きいと思います。普通に周りにチヤホヤされる程度なら、(多分)既に大体達成出来てると思っているので…

 その音楽はというと、フルートを突き詰めるのには恐らく今後も変わらないんですが、他にも篠笛やらティンホイッスルやらの、別のパイプ(エアリード)楽器にも触れようと思い始めてます。あと全く話が変わりますが曲を作ってみたいという気持ちが最近割と強くなってきていたり。その為の知識が絶望的に足りず、千里の道のうちの数歩くらいのとこにしか居ませんが…
 あと最近ずっと動かなさすぎなのでランニングと腕立て伏せ(持久力と体幹)やることにしました。もっと笛吹くのにも筋力欲しい。因みにメニューは適当です()

 そんなこんなで去年はただひたすら充電期間?だったので今年はひたすら走り回ってみます。1年で電池切れたりしませんように() ではでは

P.S.未来ラジオと人工鳩が面白いので次多分記事にします